看護師の勤務形態

看護師は様々な勤務形態が用意されています。 頑張って資格を取得して看護師として働き始めたものの、どうしても長続きさせることができなかったという方は、もしかしたら自分に合わない勤務形態を選択しているのかもしれませんね。

例えば、夜勤が合わないということであれば、夜勤のない職場を選択してみてはどうでしょうか。 入院設備があるような病院ではどうしても夜勤を担当しなければなりませんが、中には夜勤専属のパートを採用している所もあるため、そういった職場を選択できれば夜勤のストレスを感じることなく働くことができます。

また、クリニックや小さな病院では夜勤がないところも珍しくありません。 日勤勤務が基本で、交代勤務もないところを探しているということであれば診療所やクリニックを選択しましょう。

一般的には週休2日となっており、日勤の勤務時間は9時~18時間、休憩60分程度となります。

大型の病院で働く場合は、日勤と夜勤の二交代制の所が多く、日勤の場合は休憩60分を含む8時30分から17時まで、夜勤の場合は休憩120分を含む16時30分~翌朝9時までというところが多いようです。

他には、訪問看護ステーションも看護師に人気の職場となっており、こちらは日勤のみがほとんどとなります。 正社員として働き始めることになったとしても、一般的には土日や祝日は休みであるため家庭と仕事を両立したいと思っている方は訪問看護ステーションでの勤務についても検討してみましょう。

こちらは休憩60分を含む9時から18時までが基本的な勤務時間となります。

他には老人福祉施設という選択肢もありますね。 場合によっては、夜勤が入ることもありますが主な業務は日勤となっており、休日は月に8回から10回ほどあるようです。

緊急病院や救急外来で働く場合には、毎日残業の連続というイメージがあるかもしれませんが、交代勤務となるため仕事が残っている場合には息継ぎが可能なケースも多いです。 オペ室業務も休日や土日が祝日である職場が多いため働きやすいでしょう。

メニュー

ページの先頭へ