助産師外来の転職と仕事

近年非常にニーズが高まってきているのが助産師外来です。これは助産師が妊婦検診を行うことで、これまで医師が行ってきた妊婦検診を担当します。

妊婦検診とは、主に母体に異常がないか確認したり、赤ちゃんは順調に成長しているのかということをチェックするものです。

なぜ医師ではなく助産師が助産師外来という形で妊婦検診を行っているのかというと、その背景には産婦人科医の不足が関係しています。

少子化などの影響を受け、産婦人科を離れる医師も増えてきました。妊婦が集まらず、廃業に追い込まれてしまった産婦人科もあります。

ですが、健康的な赤ちゃんを産むために妊婦検診は欠かせないものであるため、外来ができる助産師が求められているのです。

少子化の影響は助産師にも関わってくるわけですが、助産師外来というものができたことにより、助産師にとっても新しく活躍の場が用意されたといえるでしょう。

具体的にどのような仕事を担当することになるかというのは、勤務する病院によって異なります。 エコーを使った胎児の身長や体重などの検査のほかにも健康指導などを行うため、転職で助産師外来を選択したいと思っている方はどのような業務内容になるかということについて面接を受ける前によく確認しておいた方が良いですね。

助産師は自信が持っている知識や経験を活かして業務にあたる形なるわけですが、病院勤務ということもあり医師からのサポートを受けることもできます。 ただ、医師には細かいことを相談しにくいという妊婦さんも多いようで、そういった場面でも同じ女性で相談しやすい助産師の備えているのは非常に大きいのです。

助産師に話を聞いてもらっただけで安心できた、不安が解消されたという妊婦さんも多いので、助産師外来といっても妊婦さんを支える仕事であるという根本は変わりません。

病院では最新の医療機器を取り扱っているところも多く、そういった技術にも触れながら働ける魅力的な職場だといえるでしょう。

メニュー

ページの先頭へ