男性でも転職して助産師を目指せる?

助産師といえば女性というイメージが強いですよね。果たして、男性でも助産師になることはできるのでしょうか。

結論からいってしまうと、現在の日本では助産師を目指せるのは女性のみとなっています。

男性の場合は、いくら助産師という職業に興味があったとしても助産師になることはできないのです。受験資格も女性のみに与えられる形となっています。

ただ、アメリカやオーストラリア、イギリスといった海外では男性の助産師も存在するのです。

職業の中には、昔は性別が限定されていたものの、今では男女の両方が目指せるものもありますよね。例えば、昔は看護婦と呼ばれていた職業も現在は看護師と呼ばれるようになり、男性の看護師も多く活躍しています。

助産師の場合も昔は助産婦と呼ばれていたのですが、名称が変更されたからといって男性も受験資格が認められるようになったというわけではないのです。

過去には国会で男性の助産師を認めるべきという要望書が提出されたこともあります。 残念ながらこれは見送りとなってしまい、その後再度提案されたものも見送りという形になりました。

その背景には、助産師が行う仕事の内容が深く関わっているといえるでしょう。 助産師といえば女性であるというイメージが強いため、どうしても生理的に嫌だと感じてしまう女性も多いようです。 仮に今後男性の助産師が認められたとしても、しばらく内では厳しい状態が続くかもしれません。

ただ、産婦人科医の中には男性もいますよね。 医師ならば男性でも良いのに助産師はNGというのはおかしな話であるため、今後は男性の助産師が誕生する可能性も十分に考えられます。

男性の助産師がなかなか認められない一つの理由として考えられるのが、出産といえば女性にしかわからない苦痛や不安、体調の変化などもあり、それを男性がどこまで理解できるのかということも関わっているでしょう。

助産師を目指したいと思っている男性の方は今後の情報を収集しながら、男性助産師が認められるのを待ちましょう。

メニュー

ページの先頭へ