准看護師から助産師に転職するには

現在は准看護師として働いているものの、将来は助産師として働きたいと思っているのであれば、どのような手順を踏めば良いのでしょうか。
公開求人情報の検索方法│透析看護師になるには

まず、大前提として助産師になるためには先に看護師資格を取得しなければなりません。 現在持っているのが准看護師資格ということであれば、まずは看護師資格の取得を目指してから助産師を目指すという形になるのです。

これにはいくつかのパターンが考えられます。例えば、中学校を卒業してから3年制または定時制ならば4年制の高等学校看護専攻科に入学して卒業したパターンについてご紹介しましょう。

こちらの場合は准看護師検定試験を受験し、2年制の看護師学校に入学・卒業すれば看護師国家試験に挑戦することができます。

その試験に合格をした後は一般的に1年制の助産師養成所に入り、卒業することで助産師国家試験受験資格が得られるのです。あとはこの試験を突破することで助産師資格が得られます。

他には、中学校卒業した後に高等看護専攻科へ入学・卒業し、准看護師検定試験を受験して合格したら2年制の看護師学校入学・卒業し、看護師国家試験受験を受けて合格したら助産師養成所に入学・卒業し助産師国家試験を受けるという方法も一つの選択肢です。

他には中学や高校を卒業した後に2年制の准看護学校に入学・卒業し、准看護検定師試験に合格してから2年制または定時制であれば3年制の看護師学校に入学し、看護師国家試験を受験・合格して1年制の助産師養成所に入学・卒業した上で助産師国家試験受験資格が得られます。

最後に、中学か高校を卒業した上で2年制の准看護学校に入学・卒業し、准看護師検定試験に合格した後は2年制または定時制であれば3年制の看護師学校に入学し、卒業をして看護師国家試験を突破し、助産師養成所入学・卒業を経て助産師国家試験受験を受けるという方法も挙げられます。

助産師になるのは簡単な事ではありませんが、見事資格を取得できれば転職においても有利になるため、強い意志をもって目指しましょう。

助産師を辞めたくなったとき

大変なカリキュラムを終えて国家試験も取得し、念願の助産師になったけれど実際に病院で働いてみたら思っていたものと違っていた。こんな不満を感じている助産師は少なくないのではないでしょうか。

頑張って取得した助産師の資格なのですが、辞めてしまった方や今すぐにでも辞めたいと考えている人がいます。周りから見るとやはりもったいないと思ってしまいます。

助産師を辞めてしまう理由は、出産時のトラブルによる訴訟問題や精神的ストレスの他に一番多く聞かれるのが職場の人間関係や業務内容の不満です。人間関係の不満は看護師さんと同じで女性社会の中に起こる様々な出来事だというのは、だいたい想像がつくと思います。

業務内容に対する不満は、夜勤が続いてしまったりなかなか休みが取れないなど、精神的にも肉体的にもきつい勤務条件です。激務を続けているとに注意力が散漫になってしまったり、的確な処置ができなくなりミスが続いてしまうということにもなりかねない状態にあります。

業務に対する不満を解消するためにはシフトの見直しが必要です。しかし、自分の意見が通らない現場や言いたくても言えない人間関係があったりなど、外から見えない暗い部分があるようです。

また、助産師という仕事の業務に不満を抱える人もいるようです。助産師として働いているのになかなか自分の望んでいる仕事をさせてもらえないという人もいます。病院での出産は医師が行います。

助産師は補佐的な役割になってしまうので、助産師としてのやりがいを得ることができないこともあるのです。責任の重さもある仕事ですが、もっと助産師としてのやりがいを感じたいと考えている助産師の方も多いのかもしれません。

そんな方は助産師という仕事を辞めてしまう前に、まずは転職を考えてみてください。助産師の仕事は病院だけではありません。病院でも開業した産婦人科病院では大病院とは、違うやりがいを見出すことができるかもしれません。

また、経験を積んだ熟練助産師さんは助産院を開業することもできます。苦労して手に入れた助産師の資格です。様々な方向で続けてみることを検討してみましょう。

助産師の勤務時間と休日事情

助産師といえば医療現場で働くことが多い仕事ということもあり、過酷な労働環境を想像する方もいるかもしれません。気になる勤務時間や休日はどのように設定されているのでしょうか。

多くの助産師は病院で働いています。病院の中には三交替制と二交替制などがあるわけですが、自分の勤務先がどちらに該当するのかによって働き方が変わってくるため、よく確認しておきましょう。

まず、三交替制の場合、昼間の仕事である日記のほかに夕方から真夜中の仕事である準夜、真夜中から明朝にかけての仕事である深夜という3つにわかれます。

1ヶ月のうち何回準夜、深夜を担当するかというのは病院によっても変わってきますが、一般的には1ヶ月に約8回ほどです。

それくらいならば特に問題ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、勤務の時間帯が変わると生活のリズムをも乱れやすくなってしまうため、助産師にとって働きやすい環境を整えてくれている病院を探しましょう。

次に二交替制の病院についてですが、こちらは日勤の間に夕方から翌朝までの仕事である当直という2種類にわかれます。夕方から翌朝まではかなりの長時間になるため、ほとんどの勤務先では仮眠が認められる形になるでしょう。

他には助産院での仕事もありますよね。 夜中に出産を迎えそうな妊婦さんがいる場合には泊りになることもあるのですが、基本的に開院時間が教務時間となります。

休みについてですが、これもどのような職場で働くのかによって大きく違ってきます。 人の少ない助産院では思うように自分の好きなタイミングで休みが取れないことも考えられますし、病院だったとしても助産師不足のところが多いため、必ずしも理想通りの休みが取れるとは限りません。

このあたりは病院側によく確認をし、自分にとって最適なところを探しましょう。

休みなどに関する情報は事前に入手しやすいのですが、実際に働き始めてみたら聞いていた話と全く仕事ということも考えられるため、転職支援サイトのコンサルタントに相談するなどして求人情報に書かれていることが本当かどうかということも確認しておくのがおすすめです。

メニュー

ページの先頭へ